ベンチャー企業の皆様へ

ベンチャー企業、起業家の皆様で、会社を上場させたいとお考えになっている方は多くいらっしゃいます。

ベンチャー企業では、会社の成長段階に合わせて、ベンチャーキャピタル等の外部投資家から資金調達を実施していくことになります。

同時に、発行する株式(ストック・オプションを含みます。)が会社の経営権を左右しますので、初期より計画的に資本政策を立案・実行していくことが極めて重要です。

ベンチャー企業(スタートアップ)の成長にとって適切な投資家を選定し、最終的な株主構成を意識して計画的に株式(ストック・オプションを含みます。)を発行する必要があります。

早くから投資家にシェアを渡し過ぎたり、株主構成を間違えたりすると、創業者(経営者)の支配権が維持できない、創業者利益が得られないなど、支障が出てしまいます。

資本政策は、一度実行すると、後からやり直しがきかないことがあります。

資金調達をする際には様々な要素を加味し、各ステージの資金調達戦略を作成する必要があります。

投資家から投資をしてもらったベンチャー企業は、上場(IPO・株式公開)やM&Aなどで、投資家に株式を売却する機会を提供することが想定されており、エグジットについての戦略を持っておく必要があります。

ベンチャー企業は、最終的には上場(IPO・株式公開)、M&Aでエグジットする計画ができている会社で、経理や権利関係にしても、最終的に人の評価を受けることが前提になっていますので、組織管理は上場会社並みにきちんとしておく必要があります。

ベンチャー企業は、上場審査でも詳細にレビューされますので、早い段階から将来のことを考えてきちんとやっておく必要があります。

弁護士法人アルテは、IT企業を中心に、これまで10社以上のベンチャー企業の支援に関与するなど、多くのノウハウを蓄積しています。

ベンチャーキャピタル等からの資金調達(優先株式スキーム・投資契約)、資本政策、ストック・オプションの導入設計等まで、ベンチャー企業が上場までに必要となる支援策を幅広く行なっています。

お気軽にご相談ください。