この度、従業員が退社し、退職金を支払ってしまったのですが、その後、その従業員が在職中に不正を行っていたことが判明しました。すでに支払ってしまった退職金の返還を求めることはできるでしょうか。また、仮に退職金を支払う前であった場合には、支払いを拒むことはできるでしょうか。

1 まず、すでに退職金を支払ってしまっていた場合ですが、退職金規定などに、退職後も返還を求めることができること、そしてそのための要件について明記されていれば、退職金規定に基づいて返還を求めることが検討できるでしょう。

また、このような直接的な規定がない場合であっても、退職後、懲戒事由が発覚した場合には退職金を支給しないといった趣旨の規定がある場合には、そもそも当該退職金には退職金を受領する法的根拠がないことになるので、一旦支払ってしまった場合でも不当利得に基づいて返還を求めることができると考えられます。

2 次に、まだ退職金を支払う前についても、退職金規定において、退職金減額事由や不支給の事由がある場合には減額ないし不支給とする旨の定めがあり、今回発覚した不正がこの減額ないし不支給の事由に該当すれば、退職金規定に基づき、減額ないし不支給とすることはできます。

しかし、このような規定がない場合には、退職金の減額ないし不支給の根拠がないため、すでに退職してしまった以上支払わなければならないと考えられます。

3 なお、上記のいずれの場合においても、規定に定めておけばそれでよいというものではありません。

退職金は、功労褒章的な性格だけではなく、退職までの労働に対する対価としての意味合いもありますので、不支給とするのであればこれまでの勤続功労を否定するほどの著しい背信行為、減額の場合も事情に合わせた減額率の設定などをするなど、内容としても適正なものであると評価できる必要があります。