会社の倒産処理にはどのようなものがありますか。

会社の倒産処理には、まず、大きく分けて法的整理と任意整理に分かれます。

法的整理とは、法律に基づいて裁判所の関与と監督の下に行われるものをいい、任意整理とは、法的な手続を全く使わず、会社と債権者だけで自主的に処理手続を進めるものをいいます。

そして、法的整理には、破産、特別清算、民事再生、会社更生があります。

このうち破産と特別清算は、会社の資産を売却するなどして換価し、これを債権者に分配して会社を清算するもので、清算型手続と呼ばれます。

この場合は、会社財産の管理権が破産管財人に移ってしまい、会社による自主的な運営はできなくなります。

他方、民事再生、会社更生は、債権者の協力を得て債務の圧縮を行ったうえで、債権者に対して弁済を行いながら事業を継続し、会社の再建を図るもので、再建型手続と呼ばれます。

この場合は、会社が原則として業務遂行権や財産の管理処分権は失わず、会社による自主的な運営が行えます。

本来であれば再建型手続により会社の再建を行うことが望ましいと言えますが、実際には、清算型手続、その中でも破産となることが多いようです。

というのも、会社の再建を目指すのであれば、会社経営が芳しくない状況になったときに、できるだけ早期に財務状況を調査した上で、種々の対策を打ちつつ、どのような手続をとるべきか詳細に検討する必要がありますが、なかなか相談できず、結局進退窮まってからようやく相談することになり、破産するしかない状況に追い込まれることが多いからだと思われます。

そういったことにならないよう、会社の経営が思わしくないと感じられたら、できるだけ早く弁護士に相談されることをお勧めします。