今度役員が交代するのですが、役員変更登記に際し、新しく就任する方には、どのような書類を用意してもらえばいいでしょうか?(平成27年2月27日施行の商業登記規則の一部改正)

役員(取締役又は監査役)の就任(再任を除く。)の登記を申請するときには、本人確認証明書の添付が必要です。

取締役又は監査役の就任に関する登記の申請書には、その取締役等の印鑑証明書を添付する場合を除いて、取締役等の就任承諾書に記載された氏名及び住所と同一の氏名及び住所が記載されている「本人確認証明書」を添付する必要があります。

この「本人確認証明書」とは、市区町村長その他の公務員が職務上作成した証明書(その取締役等が原本と相違がない旨を記載した謄本を含む。)です。

新たに就任する場合にのみ必要とされており、重任する取締役等に関しては、添付する必要はありません。

本人確認証明書の例

  • 住民票記載事項証明書(住民票の写し)
  • 戸籍の附票
  • 住基カード(住所が記載されているもの)のコピー(注)
  • 運転免許証等のコピー(注)

(注)
運転免許証のコピーや住基カードのコピーを添付する場合には、裏面のコピーも併せて必要です。そして、取締役等に就任する本人が「原本と相違がない。」と記載して、署名し、又は記名押印する必要があります。

平成27年2月27日施行の商業登記規則の一部改正により、役員の登記(取締役若しくは監査役の就任又は代表取締役等の辞任)の申請をする場合の添付書面が変わりました。

また、商業登記簿の役員欄に役員の旧姓(婚姻前の氏)をも記録することができるようになりました。