ソフトウェアのバックアップは自由にできる?

ソフトウェアは、破損して使えなくなる場合に備えて、バックアップを行うことがあるかもしれません。
ソフトウェアのバックアップが制限されることはあるのでしょうか。

バックアップは複製にあたる

ソフトウェアを購入する多くの場合は、「利用する権利」を購入しているだけです。
ソフトウェアそのものを買っているのではありません。
ソフトウェアを複製したり売買したりする権限は、依然として著作権者がもっていることになります。
したがって、ソフトウェアの購入者は、著作権法と、著作権者との契約に従って利用する必要があります。
ソフトウェアそのものは、USBメモリー、CD-ROMなどの媒体(メディア)で提供されます。
正規に購入して、契約の通りインストールしても、パソコンの故障などで再度インストールするときには、これらの媒体が必要になります。
しかし、これらが破損して使えなくなることが考えられます。
このような事態に備えて行うのがバックアップですが、これも、著作権法上は、複製にあたります。

バックアップは必要と認められる限度で

バックアップは、通常、「必要と認められる限度」内であり、著作権者の了承無しで複製することは認められると考えられます。
但し、利用者がダウンロードの方法によって提供を受けた場合など、バックアップをとる必要性がそれほど高くないケースもあります。
また、使用許諾契約内で、「破損した場合には著作権者から再度提供するので、バックアップを禁止する」としているものも見られます。
したがって、バックアップについても、使用許諾契約書で確認して、著作権者の権利を侵害しないよう注意しましょう。