【契約書】金銭消費貸借契約書

書式の一部抜粋(本文)

          (以下「甲」という。)、(以下「乙」という。)及び          (以下「丙」という。)は、次のとおり金銭消費貸借契約(以下「本契約」という。)を締結する。

書式内で注意すべきポイント

貸付金額、弁済期、弁済方法、遅延損害金を明確に規定します。

利息、遅延損害金が、法定の上限を超過しないよう注意します。

その他、主なポイントをご説明します。